スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
= コメントを頂いた皆様へ =
2008 / 02 / 25 ( Mon ) 15:32:42

 コメントをいただきました 皆様へ

 

 多くの皆様に、応援のコメントや、ご指導、お叱りのコメントを戴きまして、感謝申し上げます。
 本来ならば、皆様お一人お一人に、直接お礼を申し上げるべきでしょうが、この場を借りて
ご挨拶させていただくご無礼をお許し下さい。

 私ども夫婦は、ぐうたんが初めての里親経験でした。右も左も分からない初心者です。
毎日がぐうたんと真剣に向き合う日々でした。

 冷静に振り返ってみますと、1ヶ月というトライアル期間に、精一杯頑張ろうと言う、私どもの勝手な思いが、かえって自分たちを追い詰めていたのかもしれません。

 今回の「ぐうたん戦う毎日」と名付けましたブログは、何か特別の意図や、ある方向への結論を導こうとするものではありません。ぐうたんと私共夫婦、そして先住犬との、明るい未来に対する挑戦の日記でありました。
 皆様の前でなるべく赤裸々にその姿を見ていただき、皆様のご家庭で話題のひとつにもなってもらえたら、そして、犬との生活を、ひとつの大切な命との真剣なやり取りを見ていただきたかったと、ご理解していただければ幸いです。

 ですが、そうした私共の思い上がりから、ぐうたんは、里親会様よりお預かりしている、大切な保護犬であるという大原則を逸脱していたのかもしれません。ここに、関係各位にお詫び申し上げます。

 改めて申し上げますが、ぐうたんは、大変明るく活発で、知性の高い、そして、私にとっても大切なパグの女の子です。
 ぐうたんの幸せと健康を心より願い、皆様へのお礼の言葉とさせていただきます。

 ありがとうございました。

 

<最後の最後に>

23日午後7時 ぐうたんは一ヶ月ぶりの保護さんとの再会に、とっても大喜びでした。
保護さんには私達の思いを伝えることができ、涙のお別れを覚悟していましたが、笑顔のお別れができ保護さんに感謝しています。

スポンサーサイト
未分類 admin page top↑
最後に・・・・・
2008 / 02 / 19 ( Tue ) 18:43:58

本日をもって ぐうたんのブログ を終わります。
漠然と あー これからぐうたんと向き合うぞ! と決心したと同時に
残念ながら、私達は里親としてぐうたんと生活を共にすることができないことを、決定されました。

最後に、ぐうたんのことを私よりもずっと一生懸命に取り組んでいた主人が、
ぐうたんへお手紙を書いたようです。思いのたけなので、長いです。

 

ぐうたんへ

あっと言う間の1ヶ月でした。

初めて家にやってきたとき、
ぐうたんはとても興奮していましたね。
あまりに興奮しすぎて、お漏らししたほどでした。
先住犬のフクは、割と感情を表に出さないほうなので、
感情表現の激しさにちょっとビックリしました。
一人残されていったときは、さぞ心細かったんだろうね。
でも、持ち前の明るさというか、根性があるというか
しばらくするとストーブの前で、で~と伸びて、えらく寛いでいましたね。
チョッと安心しました。
正直言って、こっちも里親の仮免一日目で、何をどうして良いか分からなかったからです。

実は、それからが結構大変だったんだよ。
自慢じゃないけど、僕は先住犬のフクの時でさえまともに散歩をしたことのないのに、
朝、晩と寒い中を、毎日散歩に出かけましたね。
だって、ぐうたんは新しい環境に馴染めないのか、
そういう生活をしてこなかったのか分からないけど、
サークルの中のオシッコシートでは、オシッコも、ウンチもしてくれないし、
大きな声で鳴きながら、外でしたいとでも言うように要求していたから。

そこで気付いたんだけど、
ぐうたんの散歩の上手なことにはビックリでした。
元気の良いぐうたんのことだからと、覚悟をして散歩をしたけれど、
ここだけ話、小さいときのフクと歩いているときより、
ぐうたんのほうが、歩きやすかった。

これもどうでも良い話だけど、
ぐうたんは僕が呼ぶと、ニコニコしながらど~と走ってくるね。
あれも、フクのときには無い感動だった。

それでも、何日目かの朝に、オシッコシートに上に、
ちょこんとウンチが置いてあったときは、なんかとても嬉しかったです。
オシッコは、思いっきり端のほうに漏れていたけどね。

どて2

僕と一緒に会社にも行ったね。
フクも小さいときから、会社の人たちに可愛がってもらったから、
ぐうたんにもその経験をしてもらいたかったんだ。
ぐうたんは、会社では特に良い子だったね。
僕の机のところで一日おとなしくしていたね。
気が付くと、僕の椅子のそばでノビノビしていたね。
チョッとビックリしたけど、嬉しくもあった。
外出から帰ると、皆に愛想を振りまいているぐうたんを見て
皆に聞いても、良い子だったということで安心したよ。
ぐうたんは、人間が大好きなんだと改めて思った。
それと、会社では最初からオシッコシートにオシッコしたね。
まったく、ぐうたんは。
ウンチは最後までしなかったけど。

かいしゃで
パグ女子従業員時代

ぐうたんは7歳ということだったけど、
とてもそのようには見えなくて、
最初に、かかりつけの獣医さんに、
年齢の事で相談したほど元気でしたね。

その時に、血液検査をしてもらって
やはりフィラリアの検査が弱陽性であることを知らされると、
分かっていることとは言えショックでした。
でも、その他の数値に問題がないというので、
まあ、すこしづづやって行こう。
先も長いしね。
その時は、そう思ったんだ。

ぐうたんは、今までどんな生活をしてきたのかな。
うちの様な所で、幸せになれるのかな。
先住犬のフクとうまくやっていけるのかな。
そんなことを、いつも考えていたよ。

どて

ぐうたんの躾のことでは、いつも夫婦で話し合いました。
もっと他に話すことがないのかというくらい、 毎日話し合いました。

夫婦といえども、ペットの飼い方に温度差はあるんだ。
考えてみれば、当たり前だね。
僕はどちらかというと、甘いほうです。
いや、かなり甘いかもしれない。
フクのときも、僕の飼い方の甘さで、結構夫婦で話し合ったくらいだから。

それでも一致した意見も勿論ある。
例えば、先住犬をまず大切にすること。
ぐうたんが、どうとかではなくて、
何よりも飼い主として
フクの生活を守ってあげないとね。
まず、それができるから、
ぐうたんのことも大切にできると思っているんだ。

そして、ぐうたんとも一緒に色々な所に行きたかった。
うちは、行ける所には何処にでもフクを連れて行くのは知ってるでしょ。
家族だからだよ。
人間の社会では、全ての人が犬のことを好きじゃないんだ。
だから、一緒に人間社会で暮らすのには、一定のルールがある。
ぐうたんには不思議かもしれないけど、
どこかに出かけること一つとってもそうなんだよ。
僕が決めたルールではないので、
上手く説明はできないけど、
残念だけど、今のぐうたんでは、一緒に行けないところが沢山あるんだ。

その為には、今のぐうたんの態度も
少し改めてもらわないといけないところもある。
ぐうたんは、何か人間にして欲しいときや、
ひとりになって寂しいときなんかに、
渾身の力を振り絞って鳴くでしょ。
上手に遠吠えもできます。
凄くうるさいですよ。

それと、他の犬に対する態度も、
もう少し考えたほうが良いよ。
ガオ~って行くと、相手のワンコがビックリして
遊んでくれないこともあるからね。
ぐうたんには、悪気のないことは分かっているつもりです。
興味があるけど、きっとどうして良いのかわからないんだよね。

でも、 僕の側にのび~と寝そべって良い子にしている
ぐうたんの可愛い姿を見ると、時々、こうも思った。
無駄吠えなんか気にならない、トイレの躾も要らない、
庭付きで大きな家に住む、 何でも許してもらえる里親さんの所に行ければ
きっと、ぐうたんは、いまのままで幸せなんだろうな、ということ。

何が原因かよく分からないけど、
興奮して我を忘れるほど泣き止まなくなる点を除けば、
とても良いワンコです。
きっと、辛いことが一杯あったんだろうなとか
いろんな事を考えて、辛くなることもあったよ。

でも、ぐうたん。
そのことと、しっかりと自分をコントロールするように、
ぐうたんにも頑張ってもらうこととは、別の事だと考えたんだ。
何度も言うけど、僕たちの家族として色んな所に一緒に行きたかったから。

まだまだ、書きたいことは一杯あるんだけど、
きりがないので、この辺にします。

ぐうたんのお陰で、僕の人生に思い出と癒しが一つ増えました。
1ヵ月間、ありがとうね。

ぐうたんは、明るく元気なパグです。
病気に負けないで、これからも元気でね。

 

かぞくで
最初で最後の家族写真
 

 

私から

お別れは23日になりました。
ぐうたんの存在は、こんなに大きくなっていたのかというほど、とても悲しくて残念です。
しかし、これからぐうたんは、ずっとずっと幸せな生活を向かえることになります。
可愛い良い仔なので、きっとすぐに本当の家族に出会えるはずです。

ごめんねぐうたん。もっと沢山ぐうたんの素敵なことを書くべきでしたね。

ごめんねぐうたん。私がもっと早くぐうたんと分かり合えるようになるべきでしたね。

ごめんねぐうたん。私が頑固で。

ありがとうね。ぐうたん。

沢山頂いた皆様の励ましやアドバイスは、私達のこれからの励みです。
本当に本当に、ありがとうございました。

ぐうたんのブログは、フクのブログにリンクを残します。


未分類 CM:20 admin page top↑
クリッカー
2008 / 02 / 17 ( Sun ) 23:03:29

これは里親初心者と、ぐうたんのトライアル 一ヶ月限定ブログです。

 

ぐうたんの目は、色素沈着がつよくて、あまり良く見えていないようですが、
モノが動いたり影を見たり追っかけたりすることは、大丈夫です。

人間が動くことに一番関心があるようで、言葉でよりもゼスチャーや、クリッカーのほうが
コマンドを理解しやすいかもしれないと、ドッグトレーニング勉強中のギママギさんが、アドバイスをくれ
クリッカーでお手本を見せてくれました。

おつかれさん

毎回書いているように、私は先住犬を担当しているので、ぐうたんのトレーニングは主人がやります。
トレーニング中は、私と先住犬は全く違う部屋で待機しています。
先住犬がおやつ欲しさに、トレーニングを妨害する可能性もありますから。

 

練習は20分間ぐらい おやつクリッカーを使い お座り アイコンタクト を練習したようです。
言葉では全く理解できなかったことが、上手に判断できるようです。ぐうたんやっぱり賢いですね。
もっと早く気付いてあげればよかった。

ぐうたんの躾が、今後もう少し良くなったら、先住犬との接触の時間も増えることになるでしょう。

躾・多頭飼い に関しては、散々悩んで色んな方のアドバイスを受けたり、犬の行動学の本を読んだり
自分なりにお勉強させてもらいました。
今は、なんだか自分の考え方を スパッと 見出せたような気がします。
1ヶ月間のた打ち回ってよかった。
私のイライラと鬱積したものは、見事になくなったことは事実です。

これからぐうたんが家にいるにしても、今まで通り私とぐうたんのスタンスは変わることはありませんし、変えることもできません。
それは、先住犬にもしかりです。

 

・ぐうたんの体調・

下り物に出血(多い)あり、細菌感染らしい   病院より抗生物質2週間分処方
別の病院でも、診察してもらう予定。

 

・ぐうたんの様子・

要求吠えや遠吠えは相変わらずありますが、サークルやハウスの状態を変えたら、
落ち着いてゆっくりと寝るようになったようです。
その結果、前ほど吠える頻度が減りました。
先住犬には興味があるものの、私の存在を確認すると離れます。

 

・先住犬の状態・

相変わらず、ぐうたんをみません。

 

・お散歩状態・

先住犬と私がペアで、ぐうたん達よりも、必ず数メートル先を歩きます。
お互い別ルートで歩くこともあります。
時間は40~50分ぐらい を一日1回から2回。

 

 

里親初心者なので、アドバイスなど、お待ちしております。 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へせんえつながら参加中

 

 

未分類 CM:8 admin page top↑
先住犬の精神状態
2008 / 02 / 13 ( Wed ) 15:11:30

これは里親初心者と、ぐうたんのトライアル 一ヶ月限定ブログです。

コメントを頂いている皆様へ

真剣にアドバイスをしていただいたり、励ましのお言葉を頂いたり、ありがとうございます。
全てありがたく拝読させていただいております。
出来るだけ、キチンとコメントを返すつもりではありますが、皆様が指摘してくれたことを
実践して、そのお答えとさせていただくこともあると思います。

あと一週間で、ぐうたんとのトライアル終了、それにこのブログも終了。
今後は、ビックリしたことなどが起こったときのみUPします。

ここで、ずっと気になっている、先住犬の精神状態を書きます。

やっぱり彼は、ぐうたんがいないかのように生活しています。存在を否定したいのかな?

彼の進路上にぐうたんがいると、そのまま立ち止まり仁王立ちのままで動きません。
いや、動けません。

そのときは、ぐうたん に向こうに行きなさいと、指示します。

ぐうたんは、彼の方が上の存在だと思い始めていますが、いつでも逆転しそうな微妙な状態。
先住犬のほうが、ぐうたんを異物のように否定しています。

きっと私達の対応が、そのようにしているからだろうと思いますが・・・・
何でも先住犬が 優先 とか。 でも、なにか やり方も間違っているんだろうな。

IMG_5553.jpg
 

  
さて、トライアル一ヶ月終了したら、どうなるかということは、まだ主人が考え中です。

7歳で躾けもない ぐうたん を引き取るのもかなり大変だけど、多頭飼いの大変さを実感中です。
二匹の個性も違うし、性格なんか全く逆だし。

私自身が長女なので、妹弟の存在がとても不愉快だったことを思い出します。
家族って、こうやって築いていくのかと、家族の疑似体験などもしたり。

子供や家族がいて、ワンコも多頭飼いして、お仕事(ワンコ関係じゃない)をしている飼い主さん達は凄いです。
頭で理解していても、実際やるとなると・・・・
もう今 身体でも頭でも物凄く実感していますから、今後、むやみやたらと上から目線の物申しを止める事ができそうです。(よく上から目線だと言われますから)
今まで失礼な事を言って不愉快にさせてしまった方々に、ここでお詫び申し上げます。

 

・要求吠え 雄たけび・

店の駐車場で、主人だけが買い物に行き 私・先住犬・ぐうたん(キャリア内) が、車内に。
そのときの鳴き声が半端じゃないので、隣の車の人が

なんだかうるさいと思ったら、この車か。 うるさい黙れ!

と、怒られて、とても残念な気持ちになりました。
一番うるさいと思っているのは、私達なのに・・・って。これ本心。

車でも、車外1メートルは聞こえます。雄たけび。
制止できない状態って、飼い主の責任って言われても当然ですものね。
たとえ1ヶ月間でも。

’普通’に躾ができる人って、物凄くワンコの行動などを知り尽くした人なんだろうと実感します。
そういう人達が多頭飼い・里親するほうが、ワンコにも幸せだ。

里親初心者なので、アドバイスなど、お待ちしております。 誰かヘルプミー\(-o-)/ 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へせんえつながら参加中

 

 

未分類 CM:7 admin page top↑
先住犬を叱れない
2008 / 02 / 12 ( Tue ) 11:18:49

これは里親初心者と、ぐうたんのトライアル 一ヶ月限定ブログです。

コメントを頂いている皆様へ

真剣にアドバイスをしていただいたり、励ましのお言葉を頂いたり、ありがとうございます。
全てありがたく拝読させていただいております。
出来るだけ、キチンとコメントを返すつもりではありますが、皆様が指摘してくれたことを
実践して、そのお答えとさせていただくこともあると思います。

なにみる

 

叱るタイミング褒めるタイミング をずっと引きずっています。

多頭飼いの方たちは、どうやって躾をしているんでしょう??
迷宮です。

ぐうたんだけしかいない場合は、叱ったり褒めたり 一匹だけの対応になるので、あまり躊躇なくできます。が、先住犬が側にいる場合 どうしても

ぐうたんを褒めることができず そして、先住犬を叱ることができません

ぐうたんを褒めていると、先住犬がとても不安そうな目で見ていますし、

先住犬を叱るとき、先住犬が見下されるんじゃないかと思って、私が躊躇して本来の叱り方になりません。

 

ぐうたんにコマンドを指示しているとき、先住犬のほうが(全く関係ないのに)上手に応えています。

そのときの対処法も分かりません。

とりあえず、先住犬は直ぐに褒め 「よし」 と、解除を促しますが、ぐうたんはテコデモ私のコマンドに応えませんから、先住犬は自分に言われた 「よし」 を言われていないかもしれないと、混同して分からなくなってきます。

そして先住犬は、解除をじっと待ち続け(長いときは5分以上)、解除の要求鳴きのような状態になってしまいます。

とりあえず、今は出来るだけ、一匹のときに躾をするようにしています。

 

今回 特に気になっていることです。

まず ぐうたんが側にいて、あきらかに先住犬が悪いことをした場合は、どうやってしかるべきなんでしょうか?
ぐうたんは、全く違うことをしていて、先住犬が何をしているか分からない状態です。

とりあえず、今回は このことで皆さんのお知恵を拝借したいと思っています。

よろしくお願いします。

 くそおやぢ まっすぐ

里親初心者なので、アドバイスなど、お待ちしております。 誰かヘルプミー\(-o-)/ 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へせんえつながら参加中

 

 

未分類 CM:4 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。